読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年のGWの感想【マックスむらい氏の動画と仕事について】

今週のお題ゴールデンウィーク2014」

 

基本インドアなので、出かけた日は一日のみ。

それ以外は家でのんびりとというか終日動画を見ながら、

ボケボケと考え事をしていました。

 

見ていた動画_1

『ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ -月の帰還-』をマックスむらいが限界まで生放送! - 2013/12/03 12:00開始 - ニコニコ生放送

 

11月25日よりiOS及びAndroid端末向けに配信が開始した
ファイナルファンタジー IVジ・アフターイヤーズ -月の帰還-

ファイナルファンタジーIV』の続編となる本作を
AppBankの"マックスむらい"が限界までぶっつづけで生放送!!

 

見ていた動画_2


【予告】FF IV ジ・アフターイヤーズ 最終章 -真月編- - YouTube

12月3日の正午から12月4日21時まで33時間行われたマックスむらいのFF4ゲ­ーム実況。
かなりのスピードでゲームは進行したものの、残念ながらクリアはできなかった。

最終章である「真月編」を、YouTubeのマックスむらいチャンネルで公開いたしま­す!
お楽しみに!!

 

この動画のニコ生が約33時間。

最終章が数時間という圧倒的ボリューム。

時間がとれる時以外は見る機会もないため、

このタイミングでようやく見る事ができました。

中身も確かに面白いですよ。

ただ、これをビジネスとして展開している

仕組みづくりや企業としての姿勢、運営力に頭が下がりました。

 

マックスむらい氏

 

  • パズドラの大ヒット

ガンホー社の技術・運営力+マックスむらい&AppBankのPR力

この公式が成立するほどに、メディア力の高さが目立つ逸材です。

貫禄のある外見ですが、僕と年齢はほぼ変わりません。

運が強い強いと言われていますが、それ以上にロジカルですね。

儲け方、人の集め方、交渉力、おそらくマネジメントの方法論など

多くのことを彼からは学ぶ事ができるでしょう。

一度でいいから酒を飲み交わしてみたいものです。

 

  • マックスむらい氏の仕事を見て感じたこと

ベンチャーでも無ければ、大手でもない上場企業で働いている私。

 

だからこそ感じる一定以上の安定感。

そして、このままじゃダメというベンチャーマインド。

 

常に新しいものにアンテナを立てる。

そして、常に他がまだ手を出していない領域に

圧倒的スピードで参入し、一定以上のシェアを獲得する。

【今】に取り残されないだけのスキルや経験を現場社員が積む。

 

そうすることで僕が感じている課題は多少なりとも改善されるはずだ。

 

誰しもがアンテナを立てている。

だから、参入する事や変化させることを軸に

仕事を進めて行かなけば。

 

課題を見つけ、仮説をたて、検証し、実行する。

ビジネスとして当たり前のことが不足しているのだ。

だからこそ、気づいたタイミングで手を入れたいと思った。

 

こんなことを考えられるのも、激務から一時的に離れて、

考えられる余裕が生まれたから。

 

休みって重要ですね。

あしたから頑張りましょう!